2009年02月26日

3人プロフィール

etsuco.jpg

Etsuco (Vo)

父親の影響で歌の世界に入る。
1998年メジャーデビュー後、各地のイベント等で歌手活動をするかたわら、
数年間にわたりラジオのパーソナリティーもつとめている。
2004年ピアノ・ギター と組んでトリオを結成し、定期的にアコースティックライヴを各地で展開。
また同時に作詞・作曲活動にも精力的に取り組んでいる。

ハスキーな声質ながらやわらかくて透明感を感じさせる歌声で、
“感心”ではなく“感動”する歌、聴く人の心に直接響いてゆく歌を追求している。
歌詞のひと言ひと言に想いを込めてメロディーに乗せ、
時に優しく時に激しく曲の世界観をシンプルに表現する。
ジャンルにとらわれない歌とかざらないトークで、暖かく親しみのあるステージを展開している。

〈オリジナル曲〉
 『あなたに伝えたいこと』
 自身初の作詞・作曲を手掛け、ピアノ弾き語りで演奏している。




PICT0576.jpg

若林 淳(P)

幼少時代にクラシック音楽を好んで聴き、バイオリンを習う。
20歳から独学でキーボード、シンセサイザーを始め
バンド活動や音造りに没頭。

近年では本格的にピアノに専念し、作曲・アレンジに取り組んでいる。

ジャンルを越えた独自なアレンジから生み出される
美しくも切ない和音は、聴く人の心を郷愁へと誘う。

〈オリジナル作品〉
  『桜・舞う』 『WIND WALZ』 『聖流』など




LEF#2.jpg

LEFTY ALONE(G)

左利きのソロギタリスト。12歳でアコースティックギターを始める。

中学校入学後FUSIONに興味を持ち、エレクトリックギターに転向。
学生時代には上京し、実際の音楽活動の他に音楽理論も学ぶ。
帰郷後、いくつかのバンド活動を行った後に再びアコースティックギターを手にすることとなり、
現在はソロギタリストとして活動中。

一人で演奏しているということが信じられないくらい、ギター一本で様々な音を奏で、
聴くものは目の前に広がる情景に魅入り、別世界へと誘われていく。2本の手と10本の指が6本のスティール弦とギター本体を同時に弾く、押さえる、滑らす、叩く、揺らす等々、従来のギター演奏の枠にとらわれない奏法をおこないつつも、押し付けがましくない曲調は一見、一聴の価値あり。
見た目の奇抜さとはうらはらの、詩情感あふれる心地の良い癒しの空間をあなたもぜひ、感じてみては。

〈オリジナル曲〉
 『Forest Scene』 『MOON BATH〜月光浴〜』 『蛍』など


posted by Etsuco at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三人の*すんばらしい*音楽の才能をつくづく感じさせられる心暖まるコンサート。見るたびに優しさ、切なさ、激しさすべてを全体で感じさせてくださる!!私のPowerの源(≧▼≦)尊敬しております!!ずっとずっと応援しております(。≧∇≦。)
Posted by YUKA at 2009年02月28日 00:23
YUKAさん、コメントありがとうございます。

…褒めすぎだ〜よぉ(^_^;)
でもすんごい嬉しいですっ!!

思い通りに行かない事の方が多いですが
少しずつ、一歩ずつ前に進めたらと願っています。

YUKAさんのエールを支えに
これからも頑張ります(^o^)丿

いつも本当にありがとう(*^。^*)
また遊びに来てね♪

Posted by えつこ at 2009年02月28日 00:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114851660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。